kokoroとkaradaを幸せに

子育て中でも、仕事も自分磨きも諦めない欲張りな女性に、笑顔で輝く毎日を。

非常識な成功法則

f:id:izuao8492:20180307152405j:image

非常識な成功法則

お金と自由をもたらす8つの習慣

非常識な成功法則【新装版】

非常識な成功法則【新装版】

 

この本、題名でもあるように「ありきたりな成功法則」ではありません。

とても新鮮!!

 

最初に”成功は「悪の感情」から始まる”とあります。

悪・・・・。

 成功に向かって離陸するまでは、巨大なエネルギーが必要だから、悪の感情が出てきたときには、否定するのではなく、それを仕事を進めるうえで利用するってことだ。

ずっと「悪」でいるわけではないですが、離陸するまでは悪もエネルギーに変え、安定したら、必死になって心を磨くのです。

その意気込みが、成功者は凡人とは違うということなんです。

衝撃的でした。

  

第1の習慣*やりたくないことを見つける

目標は紙に書くと実現する

自分の目標を紙に書いておく。

すると、忘れた頃に、実現している。

そう、紙に書く!

重要です。

ただ、本当にやりたいことを見つけられていないと、具体的な良い目標にならないです。

そこで、まずはやりたくないことを書き出します。

やりたいことはよく書き出しますが、やりたくないことを意識するってあまりやってこなかったなと思います。

書き出してみると新たな自分が見つかりそうです。

 そして、最後に自分のミッションを書きます。

自分の命が、あと半年だったら、いま何をしなければならないか・・・。

 

第2の習慣*自分にかける催眠術

自分の現実は、繰り返される言葉、自分で発する言葉、そして他人が同調する言葉でコントロールされる。

であれば、自分に都合のいい言葉を繰り返し、その言葉を発すればいいことになる。

これが自分自身にかける催眠術の正体。

そして、第1の習慣で書いた自分の目標を眺めニタニタします。

いつでも目標を眺めることができるように、クリアファイルに入れて持ち歩くことを本書ではおすすめしています。

書き出す→持ち歩く→眺めるはすぐにできそうです!

でも、これが成功につながる大事な第一歩!!!

この目標に対して、どんなに小さな行動でもいいから動き出すのです。

 

第3の習慣*自分に都合のいい肩書きを持つ

自分は凡人だというイメージを思っていたら、成功者にはなれない。

新しい肩書を紙に書いて、朝晩みる。それだけ。

ここでも、書いて眺める。

明確になった自分の目標を楽々、何の問題もなくこなせる自分の肩書き(セルフイメージ)を作ってみよう。!

 

第4の習慣*非常識的情報獲得術

ここでは、耳読をおすすめしています。

耳を使える時間は、とことん聴く!

本書ではビジネス関連のテープを聴くとなっていますが、オーディオブックを聴いたらいいかなと思います。

そして、本を読む、人と会う。

これは、成功するには絶対必要なことです。

本や人との出会いは、大げさだけど、奇跡を起こすと私は信じています。

 

第5章*殿様バッタのセールス

これは、非常に斬新なセールス方法。

YESと言うお客により早くめぐり合うためには、NOと言うお客に時間を使ってはならないのだ。

できるだけ早くNOを引き出すほうが、短期間に結果を出せる。

しかも”断られる”というプレッシャーがまったくなくなる。

なんとかYESをもらおうとするのではなく、さっさとNOをもらって次に行く。

時間を有効に使えるし、精神的にもよい。

いかにYESをもらうかのテクニックには今まで、いろいろ出会ったことがあったが、NOをさっさと引き出すという方法は、はじめてでした。

 

第6の習慣*お金を溺愛する

〈お金をコントロールするための3つの原則〉

①お金に対する罪悪感を持たないこと。

②自分の年収は、自分で決めること。

③お金が入ってくる流れをつくること。出て行く流れを作ってはならない。

お金に対する向き合い方が大事だということ。

 

第7の習慣*決断は、思い切らない

成功法則オタクが成功できないわけ・・・

「成功したらいいな」という気持ちはみんな持っている。

ところが「成功したらいいな」ということと「成功に向かって行動する」ということの間には、大きなギャップがある。

何にも考えずに、エイや!で飛び込んではいけないのです。

「成功に向かって行動する」ために、シナリオをつくる思考プロセスが紹介されています。

  1. 将来の「いい面」に対する感情
  2. 将来の「悪い面」に対する感情
  3. 現在の「いい面」に対する感情
  4. 現在の「悪い面」に対する感情

この4つの感情を、まずは客観的に認識します。

次に、それぞれの感情に対して、対応方法考えていくのです。

そしてシナリオを描き、行動に移すのです。

 

第8の習慣*成功のダークサイドを知る

ここでは、最終的に自分が幸せであるということは何か、もう一度きちんと向き合いなさいということが書かれています。

 

 

成功に向けて今自分がしなくてはいけないことが、具体的に書かれていますので、まずはこの本に従って、全てを信じて実行することが、成功にへの近道になるはずです。

 

さぁ、自分の成功に向かって行動しよう!!!