kokoroとkaradaを幸せに

子育て中でも、仕事も自分磨きも諦めない欲張りな女性に、笑顔で輝く毎日を。

漫画「東京タラレバ娘」の感想〜思考の悪習慣からの脱出ポイント〜

f:id:izuao8492:20180617130316j:image

漫画「東京タラレバ娘」の感想〜思考の悪習慣からの脱出ポイント〜

輝く未来を手に入れよう!

 活字が大好きで、基本的に本ばかり読んでいます。

でも、時々漫画も読みたくなるのです。

今回手にしたのは「東京タラレバ娘」。

 

 

東京タラレバ娘(9)<完> (KC KISS)

東京タラレバ娘(9)<完> (KC KISS)

 

 さらっと読める恋愛漫画ですが、本当はすごく深いことを教えてくれる漫画だと私は思っています。

 

あらすじ

あの時彼がもう少しセンスが良かったらプロポーズを受けていたのに(倫子談)。

バンドマンの彼がもう少し芽が出る可能性があったら(香談)。

こうしていたら……、ああすれば……、高い理想を掲げて根拠もなく仮定の話を積み上げているうちに、気が付けば独身のまま33歳になっていた。

脚本家の鎌田倫子は、恋も仕事も上手くいかず、高校時代からの親友である香、小雪と焦りながらも「女子会」を繰り返す日々を送っていた。

そんな話ばかりしていると、突然、金髪の美青年に「このタラレバ女!」と言い放たれてしまう。

いつのまにか金髪の美青年はいつもの飲み屋「呑んべえ」の常連となり、倫子たちと何かしら関わってくる。

 

この「タラレバ」ばかり言って、ほとんど成長しない3人のアラサー女子が毎日もがきながら幸せを夢見て生きている様子をひたすら描いています。

 

そして、漫画の中の度々出てくる『タラ(白子ポン酢)』と『レバ(レバ刺し)』の説教もなかなか面白い!

 

独身アラサーの立場で読んでいたら、心に刺さりすぎて、逆に卑屈になって、つまんないの!!って思っていたかもしれません。

そんなのわかっているけど、どうにもならないし、だから「タラレバ」だし、なんか文句あるかーーーーーい!ってジタバタしていたかも。

 

でも、私は既婚アラフォー。

少し落ち着いた立場からこの漫画を堪能しました。

 

私にも「タラレバ」沢山あります。

  • もっと綺麗だったら
  • もっと背が高かったら
  • あの時、仕事を優先していなければ
  • あの時、夢をきちんと追いかけていたら
  • もっと早く出会っていれば
  • もっと素直になれていたら
  • 家を買っていなかったら
  • 違う仕事をしていれば
  • もっと早く気付いてたいたら

 

もう、上げようと思えば切りがありません。

でも、この過去の変えることができない「タラレバ」。

呟いてみても未来に繋がりません。

ワクワク未来を描くことが好きな私にとっては、なるべく考えないようにしてきた過去。

 

じゃあ、この「タラレバ」どうする?

 

この漫画は、9巻完結。

その9巻の1番最後、「タラレバ」を未来へのステップとするヒントが出てきます。

 

タラじゃない、

レバじゃない、

カラなんです。

 

あのときのあのことがあったカラ

あのときの失敗があったカラ

あのときの失望があったカラ

今現在がある。

今こう思える。

今がんばれる。

 

 

あ〜、そうだよね、そういうことだよね。

事実の捉え方で見える世界は変わります。

過去に縛られ、モヤモヤして、先に進みたいのに足踏みしてしまっているそんな人を見かけたら、声をかけてあげたい。

 

「タラレバじゃなくてカラだよ!」

 

自分のことよりも、誰かを応援したくなるそんな気持ちになる漫画でした。

誰にでも明るい素晴らしい未来が待っている。

でも、それはあなたの思考次第なんです。

 

肉体的な部分を作るのは、食べ物の影響が大きく、精神的な部分を作るのは、あなたの思考なのです。

 

今日の言葉。

今日の行動。

今日の選択。

 

ぜーんぶ未来に飛んでいけ〜♪♪♪